このほど行われたデンマークの国内カップ戦決勝。FCコペンハーゲンがブレンビューIFを3-1で下し、2年連続となる優勝を掴み取った。

その試合後にあった出来事が話題になっている。

キャプテンであるDFマティアス・ヨルゲンセンが、優勝トロフィーをスタンドのファンに手渡した。すると、そのファンは障害をもったサポーターのもとへトロフィーを届け、彼と一緒に優勝の喜びを分かち合ったのだ。

コペンハーゲン対ブレンビューのコペンハーゲン・ダービーはデンマーク最大の一戦であり、この試合でも14人もの逮捕者が出ていたそう。そんななか、こんな心温まるような素敵なシーンもあったようだ。

コペンハーゲン対ブレンビューのコペンハーゲン・ダービー

なお、今季のコペンハーゲンはリーグとカップ戦の2冠を達成。ストーレ・ソルバッケン監督は「(ブレンビューと)今季5試合戦ったが、我々は負けなかった」と勝ち誇っていたそう。