『Manchester Evening News』は9日、「エヴァートンのMFモルガン・シュナイデルランは、ルイス・ファン・ハールの指導を批判した」と報じた。

2014年夏にマンチェスター・ユナイテッドの監督になったルイス・ファン・ハール。2年間の指揮でFAカップ優勝を成し遂げたが、その2日後に解任された。

サウサンプトンからユナイテッドに獲得されたシュナイデルランはその政権下でやや苦しいシーズンを過ごし、今季エヴァートンへの移籍で復活を見せている。

彼はファン・ハール政権下でのプレーについて以下のように話し、まったく自由がなくてつまらなかったとバッサリ斬り捨てた。

モルガン・シュナイデルラン

「ルイス・ファン・ハール監督との最初の年は、喉に何かが刺さっているようなシーズンになったね。

僕はピッチの上で何ら満足感を感じられなかった。彼は僅かな自由も奪っていった。自分はプレミアリーグで多くの経験を持っているのにね。

彼との時間では、自分はまるでロボットのようにプレーしていた。

彼らは僕に言っていた。

『そこに行ってはいけない』『ボールをここで持ちなさい』『それをやってはいけない』

それらの説明は僕を少し動揺させるものだったんだろう。

選手が試合の中で迷いを抱いている時、『この状況になった時、コーチが僕に何を求めているのか?』と思う時、効率性は失われてしまう。

特にマンチェスター・ユナイテッドのようなクラブでは、メディアによって全ての試合の詳細が分析される。そして、あらゆる場所ですぐに批判が起こってくる」

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」