今月13日にバーレーンで開幕するAFC U-19選手権。

文字通りU-19世代によるアジア選手権であるが、日本にとっては非常に重要な大会となる。

この大会は来年行われるU-20ワールドカップのアジア予選を兼ねているが、日本は2009年から2015年にかけて4大会連続で予選敗退となっており、2007年大会を最後に本戦へ進めていないのだ。

また、この年代の選手たちはいわゆる「東京五輪世代」。そのため、U-20ワールドカップへの出場は至上命題となっている。

出場メンバーには冨安健洋や三好康児、坂井大将、堂安律といったJリーグでもプレー経験のある選手が名を連ねており、活躍が期待されている(招集リストはこちらから)。

そんなAFC U-19選手権の日本戦は、BSとCSでそれぞれ放送予定がある。

今回は日本時間でその中継予定をまとめてみよう。

【グループC】日本 - イエメン

キックオフ:10月14日(金)午後10時30分

[CS] 10月14日(金)午後10時25分から『テレ朝チャンネル』で生中継
[BS] 10月15日(土)午前1時から『NHK BS1』で録画放送

【グループC】イラン - 日本

キックオフ:10月17日(月)午後10時30分

[CS] 10月17日(月)午後10時25分から『テレ朝チャンネル』で生中継
[BS] 10月18日(火)午前1時から『NHK BS1』で録画放送

【グループC】カタール - 日本

キックオフ:10月20日(木)午後10時30分

[CS] 10月20日(木)午後10時25分から『テレ朝チャンネル』で生中継
[BS] 10月21日(金)午前1時から『NHK BS1』で録画放送

※放送予定は2016年10月12日現在
※バーレーンとの時差は6時間(日本が早い)

この大会では出場16ヵ国が4チーム×4グループに分かれてグループステージを戦い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進出。

U-20ワールドカップへの出場枠は「4」となっているため準決勝に進んだ4チームに出場権が与えられるが、開催国である韓国がベスト4に入った場合は準々決勝で敗れた4チームによるプレーオフが開催される。

グループステージの3試合は『テレ朝チャンネル』で生中継され、『NHK BS1』では150分遅れでのディレイ放送となる。日本が勝ち進んだ場合も全試合が中継されるようだ。

【外部リンク】NHK - 2016 AFC U-19選手権