『Gazzetta dello Sport』は「かつてユヴェントスでプレーした元イタリア代表FWファブリツィオ・ラヴァネッリは、シモーネ・ザーザは自分に似ていると話した」と報じた。

ユヴェントスは、土曜日に行われた首位争いの直接対決でナポリを退け、ついにセリエAの順位表でトップに立った。

試合は88分に途中出場で入ってきたシモーネ・ザーザが決勝点を決めるという劇的な展開となり、ユヴェントスにとっては層の厚さを見せた90分、ナポリにとってはかなり悔しい敗北になった。

その風貌から「銀狐」と呼ばれたラヴァネッリは以下のように話し、ザーザは自分と似ているストライカーで、魂を見せる男だと評した。

また、1980年代にユヴェントスで192試合に出場したサンマリノ代表MFマッシモ・ボニーニ、そしてナポリでマラドーナとともにプレーしたアレッサンドロ・レニカもコメントを残している。

ファブリツィオ・ラヴァネッリ

「シモーネ(・ザーザ)は自分のことを思い出させるね。

彼は大きなエネルギーを持って試合に入ってきたし、全てのボールに対して戦っていた。

シモーネはその魂を見せる男だ。謙虚な気持ちは、時に豊かな才能よりも大きな価値を持つことがあるんだよ。

私のように、彼はユヴェントスに辿り着くために一生懸命努力した。そして、私は彼が得点したことを非常に喜んでいる。楽しい試合だったよ」
マッシモ・ボニーニ

「試合はユヴェントスにとって公園を歩くようなものにはならなかったね。

私はビアンコネーリにはもっと多くのものを期待していた。これは奇妙な試合だったよ。

お互いのチームが戦術的な見解で言えば『完璧』だった。だから、0-0の引き分けが公明正大な結果だったと思うね」
アレッサンドロ・レニカ

「ユヴェントスは、ベンチの上にも『ワイルドカード』を持っていることを証明したね。シモーネ・ザーザはその一人だ。

ナポリは敗北には値しなかった。しかし、間違いなく彼らはそのポジションに値しているし、優勝できることを最後まで信じなければならないね」