ラツィオはレアル・マドリーのFW、ヘセ・ロドリゲスに興味を持っているようだ。

22歳のヘセは将来を嘱望されているアタッカーの1人だが、負傷の影響もあり、レアル・マドリーの豪華絢爛な攻撃陣の中に割って入ることが出来ずにいる。

来シーズンは他クラブに貸し出されると予想されており、プレミアリーグのウェストハムやサンプドリアに移籍するという話も浮上しているが、『Tuttosport』によれば、イタリアのラツィオが完全移籍での獲得に名乗りをあげているようだ。

なお、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督はヘセについて以下のように語っている。

カルロ・アンチェロッティ
(レアル・マドリー監督)


「他のみんなにしているように、ヘセとも話している。彼がもっとプレーしたいのは理解しているが、チチャリートがそうであったように、彼もチャンスに対して準備をしている必要がある」

「ヘセは残る。彼は重要な選手だからね」