トルコの頂上対決、ベシクタシュ対フェネルバフチェ戦でのワンシーン。

フェネルバフチェDFギョクハン・ギョニュルがスローインをしようとしたところ…

ベシクタシュのスラベン・ビリッチ監督がスローインの位置に物言いをつけたようだが、結局は撤回。 ギョニュル、そして後ろにいたボールボーイも思わず笑顔になってしまった和みの一瞬だった。

フェネルバフチェが勝てば優勝が決まるはずだった試合は1-1の引き分けで終了。首位フェネルバフチェと2位ベシタクシュ の勝ち点差は12。残り試合は4試合なのでベシタクシュは勝ち点では追いつける可能性があるが、得失点差を考えるとフェネルバフチェの優勝がほぼ決定的となっている。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名