2月17日、ビルトは「フラムに所属しているドイツ代表MFルイス・ホルトビーは、フェリックス・マガト監督との再会に『恐れていない』と話した」と報じた。

ルイス・ホルトビーは2009年から所属したシャルケ04でフェリックス・マガト監督の下でプレーした経験を持っており、2013年1月にトッテナム・ホットスパーに移籍。

今年の前半戦ではアンドレ・ヴィラス・ボアス監督の解任に従ってルイス・ファン・ハールが招聘されるという噂に対して「ファン・ハールが来たとしても問題はない。僕はフェリックス・マガトを生き延びてきたんだからね」と明かしていたいたこともある。

今年1月にフラムに加入したホルトビーは、奇しくもそれから一ヶ月も経たずにフェリックス・マガト氏と再会することになった。

ビルト

ルイス・ホルトビー

「僕は恐れてはいないよ。自分の視点から見て、これは刺激になるだろう。

僕はマガトの下にいたが、選手として成長した。我々はどちらも一つの目標を持ってフラムにいる。他の全ては二次的なものだ。

週末はガールフレンドの家族を訪ねるためにデンマークにいた。日曜の午後に飛行機を予約していたんだ。

しかし、マガト監督の下での最初の講習会が日曜日の朝に設定されたと聞いて、1日早くクラブに戻らなくてはいけなくなった。

そのニュースは、もちろん大きな驚きだったけれど。

今、誰もが本当に注意を払わなければいけないのは、規律だとか、プロフェッショナリズムのような基本的な事柄だと思う。

メディアを通して伝播されているような噂は、間違いなく多少誇張されているよ」