マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーのDF、マルティン・デミチェリスの獲得にクラブ間合意したと報じられている。

シティは移籍金400万ポンドでアトレティコ・マドリーからアルゼンチン代表DFの獲得を決めた。残すは選手との条件合意のみ。デミチェリスは今年の夏にマラガからアトレティコへ移籍したばかりだが、急遽イテハド・スタジアムへと向かうが濃厚となった。シティはヴァンサン・コンパニとマティヤ・ナスタシッチが負傷で離脱しておりセンターバックの獲得が必要であった。

なお、デミチェリスとシティは個人条件で合意していないが、決裂した場合はバレンシアのアディル・ラミ獲得に向かうと言われている。

トッテナムとローマで左サイドバックの交換?

トッテナムはベノワ・アス=エコトをローンでローマへ放出し、ローマからフェデリコ・バルザレッティを獲得したいと考えているようだ。カメルーン代表左サイドバックはホワイト・ハート・レーンから去ることが濃厚であり、バルザレッティと交換となると『Daily Mail』が報じている。

31歳のバルザレッティは昨シーズン27試合に出場しており、今季も開幕戦で90分フル出場しており、リュディ・ガルシア監督の構想内である。しかし、トッテナムの指揮官、アンドレ・ヴィラス=ボアスはアス=エコトよりもバルザレッティを好んでおり、ローン移籍での交換にトライするようだ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」