現役時代は日本代表、引退後は解説者などで活躍する水沼貴史を父に持ち、テクニシャンながらピッチを走り回るガムシャラさが目を引くMF水沼宏太(22)。各年代の代表にも選ばれてきた彼だが、下部組織から過ごしてきた横浜F・マリノスではなかなか出場機会を得られず、2010年7月から2011年にかけてJ2の栃木SCへレンタル移籍。そして昨季、J1初昇格のサガン鳥栖へ再びレンタルで加わると、33試合に出場し5ゴールをあげ、チームの5位という成績に大きく貢献した。

9日、その鳥栖への完全移籍が正式に発表された水沼の2012シーズンをプレイバック。

エース豊田とのホットラインは今季も大きな武器になりそうです。

(筆:Qoly編集部 O)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」