ルイゾンの罰則はどの程度に?

8月11日に行われたフォルトゥナ・デュッセルドルフ対ベンフィカの親善試合の中で、審判への暴行事件を起こした元ブラジル代表DFルイゾン。ポルトガルサッカー連盟(FPF)は水曜日に懲戒委員会を行い、この問題について話し合った。

ジャーナル・レコード紙の報道によれば、FPFの懲戒規定に照らし合わせた場合は最短で6ヶ月、最長で4年間に及ぶ出場停止処分が課せられる可能性があるとのこと。

しかしこれは最も重い処罰になった場合であり、今回の行動の解釈、罰則規定の解釈、またプロサッカー連盟(LPFP)の規定との兼ね合いなどにより、はっきりとした予測は付きにくい状態にあるという。

ルイゾンは今回の事件については「審判の演技である」と、暴行の意図については否定を続けている。彼はR7のインタビューにおいてこのようにコメントを発表した。

「レフェリーはハビ・ガルシアに2枚目の警告を出そうとした。そのときマキシ・ペレイラとカルロス・マルティンスが近くにいたから、僕が代わりに行った。キャプテンだからね。何が起こったのかよく分からなかったが、審判は少し演技をして倒れたようだ。

試合の後、僕は彼と話をしようと試みたが、彼は誰とも会わなかったし、ゲームを再開しようともしなかったよ。悪気はなかった。そしてとても後悔している」

暴行された側のドイツ人審判クリスティアン・フィッシャーは、ビルトのインタビューに対してこう答えている。

「私はショックを受けている。20年間審判をやってきたが、こんなことは初めてだった。私はカードを出そうとしていたから、こちらに向かってくる選手を見ていなかった。彼はまるで壁に向かっていったかのような勢いで私にぶつかってきた」

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}