11日から行われる、U-21EURO本大会に向けたチェコ代表メンバーは以下の通り。

近年、サッカー協会が総出でユース部門の育成に力を入れていることもあり、着実に成果を上げてきているチェコ。2000年、2002年の大会ではU-21EUROを制している。だが、ここ2大会はグループステージで敗退。さらに、今回も、スペイン、イングランド、ウクライナと優勝できる力を持った国と同居してしまったため、決勝トーナメント進出は容易ではないというのが現状だ。

だが、その逆境を跳ね返せる可能性がないわけではない。それは、最前線に、当世代きっての点取り屋である、トマーシュ・ペクハルトが存在するからだ。来季からニュルンベルクへの加入が決まっている長身FWは、2010-11シーズンにチェコの国内リーグにおいて鮮烈なパフォーマンスを披露したが、ユース代表での成績も抜きん出ており、U-21代表で上げた通算16得点は歴代最多。絶対的なストライカーが不足しているチェコA代表でのレギュラー定着も期待されている超逸材である。

国内では「グループリーグ敗退が現実的」と悲観的に見ているサポーターも多いようだが、彼の爆発があれば、予想を良い意味で覆せるかもしれない。

(筆:Qoly編集部 T)


GK
#1 トマーシュ・ヴァツリーク
(Tomaナ。 Vaclik)
ヴィクトリア・ジジュコフ 1989/3/29
#12 マレク・シュテーフ
(Marek ナꀀtト嫩h)
ウェストハム(ENG) 1990/1/28
#23 ヤン・ハヌシュ
(Jan Hanuナ。)
スラヴィア・プラハ 1988/4/28
DF
#2 ヤン・レツヤクス
(Jan Lecjaks)
アンデルレヒト(BEL) 1990/8/9
#3 ラディム・ジェズニーク
(Radim ナ脇znik)
バニーク・オストラヴァ 1989/1/20
#4 オンドジェイ・マズフ
(Ondナ册j Mazuch)
アンデルレヒト(BEL) 1989/3/15
#5 オンドジェイ・チェルーストカ
(Ondナ册j ト憩lナッstka)
スラヴィア・プラハ 1989/6/18
#6 ルカーシュ・ヴァーハ
(Lukaナ。 Vacha)
スロヴァン・リベレツ 1989/5/13
#17 マレク・スヒー
(Marek Suchy)
スパルタク・モスクワ(RUS) 1988/3/29
#21 ヤン・ホシェク
(Jan Hoナ。ek)
テプリツェ 1989/4/1
MF
#7 トマーシュ・ホジャヴァ
(Tomaナ。 Hoナ兮va)
シグマ・オロモウツ 1988/5/29
#8 ボジェク・ドチュカル
(Boナ册k Doト耕al)
スロヴァン・リベレツ 1988/9/30
#10 ヤン・モラーヴェク
(Jan Moravek)
カイザースラウテルン(GER) 1989/11/1
#12 ヤン・コヴァジーク
(Jan Kovaナ冓k)
ヤブロネツ 1988/6/19
#13 マルツェル・ゲツォフ
(Marcel Gecov)
スロヴァン・リベレツ 1988/1/9
#15 ミラン・チェルニー
(Milan ト憩rny)
スラヴィア・プラハ 1988/3/16
#18 ルカーシュ・マレチェク
(Lukaナ。 Mareト稿k)
アンデルレヒト(BEL) 1990/4/17
#22 アダム・フロウシェク
(Adam Hlouナ。ek)
カイザースラウテルン(GER) 1988/12/20
FW
#9 リボル・コザーク
(Libor Kozak)
ラツィオ(ITA) 1989/5/30
#11 トマーシュ・ペクハルト
(Tomaナ。 Pekhart)
ニュルンベルク(GER) 1989/5/26
#14 ヴァーツラフ・カドレツ
(Vaclav Kadlec)
スパルタ・プラハ 1992/5/20
#19 ヤン・フラモスタ
(Jan Chramosta)
ムラダー・ボレスラフ 1990/10/12
#20 ミハエル・ラブシツ
(Michael Rabuナ。ic)
ブルノ 1989/9/17