世界各国で進む新型コロナウイルスのワクチン接種。一方で、ワクチンに反対する人達もいる。

元オランダ代表ヴェスリー・スナイデルもそのひとりのようだ。オランダの 『Veronica Inside』に出演した彼はこう話したそう。

ヴェスリー・スナイデル

「自分もいかれた人間のひとりかもしれない。ワクチン接種をしていないからね。

でも、検査はしたよ。昨年にコロナに感染したが、幸いにもほとんど問題なかった。意図的にしなかった」

「それが義務的になり、ワクチンなしには旅行できなくなったら、そうしなければならないだろう。

だが、今は『なぜしなきゃいけない?』って感じだね。

(周囲を危険にさらすからだと指摘されると)

それは全く真実ではない。ワクチン接種をしたが、コロナに感染した人達のことを知っている。

旅行する時にしなければいけないPCR検査をするなら、自分はコロナに感染していないと確信している。

(だが?)飛行機で隣に座る人は、ワクチン接種はしているものの、感染している可能性もある」

ワクチンを接種しても感染する可能性があるので、強制されない限りはしないということのようだ。

【動画】長友も見た!スナイデル、インテル時代の超フリーキック

また、スナイデルは「インフルエンザの予防接種も人生で一度も受けたことがないが、別に気にならなかったね」とも話しているそう。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら