レアル・マドリーで目覚ましい活躍を見せ、世界最高のスターの一員となったジュード・ベリンガム。

彼が今回人気セレブのキム・カーダシアンが創設したブランド「SKIMS」でアンダーウェアのモデルを務めたという。

「SKIMS」は2019年にキム・カーダシアンが「Kimono」として発表した矯正下着ブランドで、後に文化盗用問題で名称を「SKIMS」に変更したもの。

現在は女性用のみならず男性用のアンダーウェアも積極的に展開しており、多くのインフルエンサーやスポーツ選手を使ってマーケティングを行っている。

それに起用されたのが今をときめくベリンガム。Instagramでは下着一枚の彼がボールをリフティングしている映像が公開されている。

次はベリンガム!ジダン以来「レアル・マドリーで5番を着けた6名」。最高から最悪

なお、ベリンガムが履いているボクサーブリーフは3700~4100円で販売されており、公式サイトで日本からも購入が可能となっている。

ちなみにベリンガムが現在交際しているガールフレンドはオランダ人女性のセリア・ヴァルクで、彼女はランジェリーモデルをよく務めており、もしかしたらレッスンを受けたのかも…と話題になっているようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名