田中碧やアペルカンプ真大とともにドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーしてきた内野貴史。

23歳の彼は今季プロ初ゴールを決めたが、ボーフムとの昇降格プレーオフでPKを失敗してしまい、悲劇の主人公となってしまった。

そうしたなか、『Bild』は、内野はこの夏にクラブを去ることが許されたと伝えた。

左右の両サイドバックでプレーする内野は、今季の2部リーグで16試合に出場したが、出場時間は370分ほど。

同紙によれば、フォルトゥナ・デュッセルドルフは彼のようなバックアッパーではなく、右サイドバックのレギュラー候補になりえる選手を補強したい考えだそう。

内野の契約は2025年6月末までの残り1年とされており、この夏に新天地を求める可能性があるようだ。

U-23日本代表、U23アジア杯に招集できなかった逸材12名

その内野はU-23日本代表に招集されているが、パリ五輪メンバー入りはなるだろうか。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名