中村航輔と福井太智が所属するポルティモネンセの2部降格が決まってしまった。

2部AVSとの昇降格プレーオフに2試合合計スコア2-4で敗れ、残留を逃してしまったのだ。

1stレグに1-2で敗れていたポルティモネンセは、2日に行われた運命の2ndレグで、福井を先発起用したものの、中村はベンチスタートに。現地紙でもスタメンと予想されていたのだが…。

終了間際に両チームに退場者が出た2ndは、またもAVSが2-1で勝利。その結果、ポルティモネンセは2部降格となった。

海外挑戦から5年以上…ぶっちゃけもう日本に帰ってきてほしい日本人7名

福井は2025年6月末までバイエルン・ミュンヘンからのローンで加わった一方、中村は2026年までポルティモネンセとの契約がある。この夏には去就が注目されることになりそうだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名