先日のドイツ・ブンデスリーガ入れ替え戦でボーフムに敗れてしまい、昇格を逃したフォルトゥナ・デュッセルドルフ。

初戦で勝利しながらも第2戦で追いつかれ、PK戦の末に敗北。最後に内野貴史が失敗してしまい、悲劇的なシーズンの結末を迎えてしまった。

今季のブンデスリーガ2部で30試合に出場して7ゴール4アシストを決めた田中碧は、昇格を逃したことによってこの夏にフォルトゥナ・デュッセルドルフを退団する可能性が高いと言われている。

またエヴァートンの情報を伝える『motleedsnews』では「田中碧はエヴァートンだけでなくリーズ・ユナイテッド、バイヤー・レヴァークーゼン、シュトゥットガルト、ボルシアMG、マインツ05が興味を示している」と紹介し、日本メディアで報じられていると伝えた。

また、ブンデスリーガの公式サイトで2022年12月に公開された分析記事を引用し、「田中碧はレアル・マドリーのジュード・ベリンガムと同じようなスタッツを持っている」とも。

PK失敗で号泣の内野貴史、現地で叩かれずに応援される理由 「誰からも愛される存在」「17歳で単身渡独しドイツ語習得」

エヴァートンは今季財政問題のために8ポイントの剥奪という厳しい処分を受けたものの、プレミアリーグで15位に入り残留を決めている。

リーズ・ユナイテッドは今季のイングランド2部で3位となりプレーオフに臨んだが、ファイナルでサウサンプトンに敗れて昇格には手が届かなかった。ただクリセンシオ・サマーフィルなど数名の選手が高値で売れると予想されており、補強予算についてはある程度調達できると考えられている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名