昨年からアメリカMLSのLAギャラクシーでプレーする元日本代表DF吉田麻也。

Tokyo FMで放送されている『吉田麻也の切り替えて行こう!』で、こんな話をしていた。

「チームメイトに新しくコロンビア人が加入しまして、めちゃくちゃ足が速い若いセンターバックで。

去年かな、ポルトガルのポルティモネンセっていう日本人が沢山いるチームに行ってたらしくて。

『お前、こいつ知ってるか?俺、一緒にプレーしたんだ』って見せられたら、思いっ切り韓国人の選手だったという…」

吉田が話していたのは、4月にギャラクシーへレンタル加入したコロンビア人DFエミロ・ガルセス。

22歳の彼は2023年1月からポルティモネンセのリザーブチームにローン移籍し、半年ほどプレーした。ポルティモネンセには韓国人のキム・ヨンハクという選手が所属しているが、彼を日本人と取り違えていた感じだろうか。

日本人vs韓国人!市場価値が最も高い8人を比べるとこうなる

買取オプション付きでギャラクシーに加入したガルセスは、まだ代表経験はないが、コロンビア国内では逸材として期待されているそう。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名