チェルシーは、相互合意のもとでマウリシオ・ポチェッティーノ監督との契約を解除したと発表した。

ポチェッティーノ監督は2023年7月に2年契約(1年の延長オプションつき)でチェルシーの指揮官に就任。51試合で27勝10分14敗という戦績で、1年でチームを去ることになった。

『BBC』は、後任候補として以下のような監督たちの名前を挙げている。

ルベン・アモリン(スポルティングCP)、ハンジ・フリック(無所属)、ヴァンサン・コンパニ(バーンリー)、ユリアン・ナーゲルスマン(ドイツ代表)、キーラン・マッケンナ(イプスウィッチ)、ジョゼ・モウリーニョ(無所属)、ミチェル(ジローナ)、トーマス・トゥヘル(バイエルン監督退任)、ロベルト・デゼルビ(ブライトン監督退任)。

モウリーニョとトゥヘルはチェルシーでの指揮経験がある人物だ。

欧州で「最も嫌われている」5つのチーム

また、『London Evening Standard』は、エンソ・マレスカ(レスター)、セバスティアン・ヘーネス(シュトゥットガルト)、トーマス・フランク(ブレントフォード)らも候補と伝えている。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名