ユルゲン・クロップ監督が退任したリヴァプール。アルネ・スロット氏の新監督就任を正式発表した(公式ではマネージャーではなくヘッドコーチと表記)。

45歳のスロット監督は今季までフェイエノールトを指揮しており、契約が2年残っていた。リヴァプールは940万ポンド(18.6億円)ほどの補償金をフェイエノールトに支払うとされている。

1位は約40億円!プレミアリーグで「最も給料が高い監督」TOP10とその金額

クロップは4-3-3システムを使っていたが、スロット新監督は4-2-3-1システムを多用している。

『Sky Sports』では、「守備的MFは遠藤航とアレクシス・マカリステルが分担してきたが、スロット監督はダブルボランチを使う。遠藤がリヴァプールの守備的MFとして長期的な解決策であるかどうかについて疑問があるため、守備的MFの補強は今夏の明らかな移籍ターゲットのように思われる。そうすれば、マカリステルは“10番”の役割でプレーできる」とも伝えており、この夏の移籍市場での動向も注目される。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名