今季のブンデスリーガで躍進を見せたシュトゥットガルトは来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場を決めている。

日本代表DF伊藤洋輝はチームの主軸になっており、チームは夏のプレシーズンツアーで来日する。

ただ、『ZVW』によれば、伊藤はシュトゥットガルトの秘かな退団候補になっているという。

「ほとんどミスをせず、盤石かつ安定したプレーをしており、継続的に活躍を続けている」、「長身のセンターバックで左利き、絶頂期にあり、非の打ちどころのない態度。これらの特徴だけでも、この守備のスペシャリストはビッグクラブにとって興味深い存在。比較的低い移籍金も夏の移籍に有利に働いている」とのこと。

伊藤の契約解除料は2023年夏には4500万ユーロ(76.3億円)だったが、今回は3000万ユーロ(50.8億円)に減額されるという。それでもシュトゥットガルトが売却を検討している理由は、厳しい財政以上。来季のCL出場で潤沢な収入が得られるが、それでも十分ではないとのこと。

さらに、3000万ユーロという金額はプレミアリーグのクラブにとっては“ギフト”のようなものだとも。

ポステコグルー監督就任のトッテナムが獲得しうる5人の日本人

すでにシュトゥットガルトは伊藤の後釜候補として、ケルンDFジュリアン・シャボをリストアップ。ケルンは来季2部に降格する可能性があり、伊藤と同じ大柄な左利きDFであるシャボを安価に獲得できる後任として検討しているとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」