今季限りでユルゲン・クロップ監督が退任するリヴァプール。フェイエノールトを率いてきたアルネ・スロット監督が、新指揮官に就任すると伝えられてきた。

『BBC』によれば、スロット監督は、金曜の会見で後任になることを認めたという。

「自分が来季からそこの監督になることは確定している。これまではこれが最後の試合に向けた準備だとは思っていなかったが、今からそうなりつつある。

週初めはトレーニングやそういったことを考えている。ただ、今はその気持ちが強くなっている。だからこそ、(記者会見に)少し遅れた。握手するだけでなく、個人的に何人かの人に別れを告げ、彼らのために時間を取りたかったからだ。

良い結果が助けになることは理解しているが、私が去るのを本当に残念だと思ってくれていると感じるのはとても嬉しいことだ」

ラストゲームを前に別れを惜しんでいたため、会見に遅刻したそう。

南野拓実、リヴァプールでのゴール数で上回った有名FW11人

フェイエノールトは19日のエクセルシオール戦で今季を終える。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名