バルセロナは13日に行われたラ・リーガ第35節レアル・ソシエダ戦に2-0で勝利した。

35歳のロベルト・レヴァンドフスキは、1-0だった後半31分に交代させられると不満げな様子を見せていた。

試合後、チャビ・エルナンデス監督は彼の交代をこう説明している。

「レヴァンドフスキの交代は戦術的なものだった。ハイプレスを再開できるようにするためだ。

今週は3試合あるからね。もう少しパワーが必要だった。ロベルトはいい仕事をしてくれた。彼の怒りは理解できる。私も交代は嫌だった」

守備面を考慮しての交代だったようだ。

メッシとロナウドも!「交代を拒否したエゴスター5人」

バルサは残り3試合で今季が終了。16日にアルメリア戦、19日にラージョ戦、25日にはセビージャ戦を戦う。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」