パリオリンピックのアジア最終予選も兼ねていたU23アジアカップで4位になったインドネシア。9日に本大会出場をかけたギニアとの大陸間プレーオフを戦う。

インドネシアは運命の一戦に向けて、セレッソ大阪に所属するDFジャスティン・ハブナーの再派遣を熱望している。

U23アジア杯はクラブに派遣義務のない大会だったが、セレッソは5月3日までハブナーを派遣していた。

インドネシアサッカー協会長のエリック・トヒル会長は、「もう一度だけ我々を助けてほしい」という内容の書簡をセレッソ大阪に送ったそう。

『Bola』によれば、インドネシアはハブナーを派遣してもらうために日本政府を説得する政治的なロビー活動も行ったという。

インドネシアの青年・スポーツ大臣は、駐インドネシア日本大使の正木靖氏を通じて日本のスポーツ庁と日本サッカー協会(JFA)に要請を伝えたそう。

パリ五輪に出られないことが決定している最強の5人

スポーツ相は「セレッソ大阪、JFA、PSSI(インドネシアサッカー協会)の連絡を待っている。政府はPSSIとともに、インドネシアの成果のために常に協力して準備を進めていく。彼(正木氏)もジャスティン・ハブナーは日本でとても有名だと言っていた!」と話しているとのこと。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名