デンマークのブレンビーで得点に絡む活躍を続けている鈴木唯人。

マンチェスター・シティ、リヴァプール、トッテナム、レアル・ソシエダ、シュトゥットガルト、ウニオン・ベルリン、ヴォルフスブルク、ホッフェンハイム、アヤックス、ナント、パルマ、ヘンクの12クラブが視察のためのスカウトを派遣したとされている。

『Voetbalzone』などによれば、バイエルン・ミュンヘンとACミランも鈴木に熱視線を送っているかもしれないようだ。

5日に行われたミッティラン対ブレンビー戦をバイエルン、ミラン、アヤックスのスカウトが視察していたという。彼らのお目当ては両チームに所属する4人の逸材で、鈴木もそのうちのひとりだったそう。

U-23日本代表、U23アジア杯に招集できなかった逸材12名

鈴木はこの試合でアシストを記録しており、しっかりと存在感を示した(2-3でブレンビーは敗戦)。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名