世界的スポーツブランドであるNikeの広告塔として起用されてきたポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド。

2016年開催のEUROに合わせて公開されたロナウドと少年の体が入れ替わるというNikeのCMを手掛けたのは、日本人の鎌田慎也氏だった。

慶應大学ソッカー部の同氏は、世界的広告代理店であるWieden Kennedyのアメリカ本社でNikeのブランディングなどを担当した後に独立。現在は千葉ロッテマリーンズのブランディングを含めて精力的に活動している。

その鎌田氏がPIVOTのYouTubeチャンネルに登場し、ロナウドのCM秘話などについて語った。

ロナウドのCMはオンラインも含めると2016年に世界で最も視聴された広告だったという。

鎌田氏はその撮影秘話についてこう明かしていた。

「6分という長尺のCMだったので、長い(苦笑)主人公がクリスティアーノ・ロナウドで。

撮影するのに5日必要だと打診したんですよね、そうしたら、クリスティアーノ・ロナウドは1カ月に2回しか撮影できないと言われて。

そうすると2か月は向こうにいないといけないなとなって。2か月いて、マドリードに。

(映像を合成するために)グリーンバックのサッカースタジアムを作ったんですけど。なかなかそんな面積ないじゃないですか、場所が。だから、確かスペインの国鉄の倉庫を借りて、そこにグリーンバックのサッカースタジアムを作って。

他にも17選手かな、代表の。EURO2016向けだったので、そこに出場する選手を各国から呼んで、みんなマドリードに集合して。

(当時Nikeと契約していた)ハリー・ケインも来てました、ジョン・ストーンズとか、ラヒーム・スターリングも」

当時ロナウドはレアル・マドリーに所属していたため、マドリッドに撮影用にスタジアムを作り、他国の代表選手たちもそこに呼び寄せたそう。

NIKEの契約選手で「現役最強ベストイレブン」を選んでみた

ロナウド擁するポルトガルはEURO2016で初優勝を遂げており、鎌田氏は「出来過ぎなストーリーになっちゃったんですけど」とも話していた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名