4月30日に行われたバイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリーのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝1stレグは2-2の引き分けとなった。

34歳のトニ・クロースは古巣相手に先発すると前半24分に絶品スルーパスでヴィニシウス・ジュニオールの先制点をアシストしている。バイエルンが空けてしまったスペースを突く完璧なタッチのパスだった。

レアルFWロドリゴも試合後にこう話していた。

「先制点はクロースの魔法のようなパスから生まれた。

僕ら全員で彼にもう1年だけでなく何年もプレーを続けるように説得しているんだ。彼は誰もが見惚れる才能を持った正真正銘のマエストロ。僕ら全員、彼と一緒にプレーするのが大好きさ」

クロースは現時点でレアルとの契約が今季で満了する見込み。

クロースも!宇佐美貴史の「バイエルンデビュー戦スタメン11人」

カルロ・アンチェロッティ監督も「クロースは全体を通していいプレーをした。彼の助けもあって、ボールをうまく管理できた。ファンタスティックなパスだった」と讃えていた。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」