サッカー界でもはやお馴染みとなったVAR(ビデオアシスタトレフェリー)だが、物議を醸すことが少なくない。

そうしたなか、『Telegraph』は、「スウェーデンは多くのエリートクラブの反対を受け、VARを拒絶した史上初の国になる」と伝えた。

スウェーデンサッカー協会は、クラブから反対の声が上がったことを受けて、1部リーグにVARを導入しないことを明言したという。

EURO2024の「予選敗退ベストイレブン」がすごい

スウェーデンの元首相で昨年からサッカー協会会長を務めるフレドリック・ラインフェルト氏は、「18のエリートクラブと2つの地域がVARを導入したくないと言っている。それを尊重する」と現地メディアで述べた。VAR支持派だった同会長はファンから批判されていたが、反対を示したクラブたちの意思を尊重するとのこと。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名