23日に行われたラツィオ対ユヴェントスとのコッパ・イタリア準決勝2ndレグ。

イゴール・トゥドール監督のもとで先発復帰した鎌田大地だが、この試合ではベンチ外になった。

『Il Messaggero』などによれば、鎌田はふくらはぎに違和感を感じたため、試合メンバーから外れたという。

なお、2ndレグはラツィオが2-1で勝利したが、2戦合計ではユーヴェが3-2で上回った。この結果、ユーヴェが決勝に進出し、ラツィオは敗退が決定。

海外日本人、欧州から見た市場価値が最も高い11人

もうひとつの準決勝はアタランタ対フィオレンティーナ戦で、決勝戦は5月16日に行われる。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名