チェルシーは15日に行われたプレミアリーグ第33節でエヴァートンを6-0で撃破した。

21歳のコール・パーマーが4ゴールと大暴れしたが、後半19分にPKで4点目を決める前に一悶着あった。そのシーンがこちら(動画7分38秒から)。

ノニ・マドゥエケが獲得したPKをパーマーが蹴ろうとした際、キッカーをめぐってマドゥエケやニコラス・ジャクソンとの争奪戦が起きたのだ。

結局、パーマーがPKを蹴って成功させたが、『BBC』によれば、マウリシオ・ポッチェティーノ監督は試合後にこう述べていたそう。

「残念だ。これは多くを学ぶ必要がある若いチームにとってのプロセス。試合後に選手たちにそのことを伝えた。こんなのを見るのは最後にしてほしい。ファンたちに謝りたい。

次に起きたらはっきりさせなければいけない。彼らは学ばなければいけないし、プロフェッショナルにならなければいけない。(個人ではなく)組織に集中しなければいけない。

彼らは(PKキッカーが)コールだと分かっていた。コールがキッカー。我々がまだ学ぶ必要があるプロセスにいることがよく分かる例だ」

一方、パーマー本人は「他の選手が蹴りたがったけれど、僕がPKキッカーだし、自分で蹴りたかった。誰もが責任を負いたいことを示すものだったと思うけれど、ちょっとやり過ぎだったかもしれない。でも、みんな勝ちたいんだ。僕らはあれについて笑い合って、ジョークにしているよ」と『Sky Sports』でコメント。

パーマーはこれで今季のリーグ戦得点数が20の大台に到達。今季蹴ったPKは9本すべて成功させている。Optaによれば、プレミアリーグで彼以上の成功率100%を記録しているのは、11本全てを決めたヤヤ・トゥレだけだそう。

チームメイトなのにメッチャメッチャ仲が悪かった7組のスター

なお、元イングランド代表DFジェイミー・キャラガーは『Sky Sports』の放送で「くだらない」とチェルシーのPK騒動を一蹴していた。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら