パリオリンピックのアジア最終予選も兼ねたU23アジアカップがカタールで開幕する。

今大会のU-23日本代表メンバーで最年少となるのは、川崎フロンターレの19歳DF高井幸大だ(筑波大の内野航太郎も19歳だが高井のほうが誕生日が遅い)。

その高井はInstagramのストーリーに日本代表DF谷口彰悟との2ショットを投稿し、「ありがとうございます」とのメッセージを綴っていた。

2人は2022年に川崎でともに戦った間柄で、32歳になった谷口は2023年からカタールのアル・ラーヤンでプレーしている。

谷口は現地滞在中のU-23チームのもとを訪れたようで、「U-23」というメッセージに炎の絵文字を添えてエールを送っていた。

U-23日本代表、カタールで大暴れすべき「キープレーヤー」5名

日本は16日のグループステージ初戦で中国と対戦する。

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら