“スーツのAOKI”でおなじみの紳士服ブランド「AOKI」が展開する『ORIHICA(オリヒカ)』は、オフィシャルスーツサプライヤーとしてサポートする川崎フロンターレの2024オフィシャルスーツを発表した。

2024年4月12日(金)よりORIHICA全店にて数量限定で発売する。 

「フィールド内は戦士、フィールド外は紳士たれ!」をコンセプトに、ORIHICAは2006年よりオフィシャルスーツサプライヤーを担当。ハードなスケジュールを戦い抜く選手たちに少しでも快適な移動時間を過ごせるよう、今季もアウェイ遠征時に着用するスーツをパーソナルオーダーで提供する。

2024年オフィシャルスーツは、橘田健人選手と瀬川祐輔選手がセレクトを担当。移動時にリラックスした着心地が得られるストレッチ性の高い素材を使用している。

色柄は両選手が選んだもので、サプライヤー19年目にして初のブラウン生地を採用。カジュアルなイメージもあるブラウンだが、落ち着いた無地調はビジネスシーンでも活躍するはずだ。

ORIHICA×川崎フロンターレ 2024 オフィシャルスーツ

価格:58,300円

素材:ウール50% ポリエステル50%

サイズ:メンズ Y2~BB9/レディース 5~15号

販売数:限定約180着(メンズ・レディース合計)

2024オフィシャルスーツの各部の特徴は次の通り。

1)生地は初めてブラウンカラーを採用。大人の雰囲気を演出する落ち着いた色味は、ビジネスシーンにも着用しやすい無地調で、着まわしにも向いている。

2)裏地はチームロゴとマスコットキャラクター「ふろん太」をデザイン。本オフィシャルスーツ限定の特別仕様だ。

3、4)ボタンは側面に「Frontale×ORIHICA」を刻印し、オフィシャルスーツならではの特別感を演出。細部にまで徹底したこだわりを見せる。なお、袖口の第一ボタンホールにはフロンターレブルーの色糸を使用した。

5)ジャケットの裏側にチームカラーをベースにしたクラブエンブレム入り。金糸で刺繍された星は、これまでに獲得したタイトルの数を表現。「最強のチャレンジャー」として、J1リーグ王者奪還をともに目指す。

6)希望に応じて3ピース(ベスト)や、スペアパンツの製作も可能。ライフスタイルに合わせ、好みにカスタマイズできる。

ORIHICA × 川崎フロンターレ 2024 オフィシャルネクタイ

価格:5,940円

素材:ポリエステル100%

カラー:紺

ネクタイは19年目にして初めてニットタイを採用。カジュアルな雰囲気があるニットタイだが、シックなネイビーはビジネスシーンでも着用しやすい。

単調になりがちな無地調も、織柄でストライプを表現することで凹凸感が生まれ、コーディネートのアクセントとしても効果的。小剣の裏側には「ふろん太」「カブレラ」「ORIHICAの鍵マーク」の刺繍をさりげなく施す。

ORIHICA × 川崎フロンターレ 2024 オフィシャルポロシャツ

価格:5,940円

素材:ポリエステル51% 綿49%

カラー:白

サイズ:S~LL

ビジネスシーンに着用しやすい白無地を採用。襟立ちの良いボタンダウンを採用し、ノーネクタイでもカッコよく着用可能。吸汗速乾・ストレッチ性に優れた生地は、仕事帰りにスタジアム観戦で川崎フロンターレの応援にも最適だ。

ビジネスシーンにふさわしいタイドアップの「スーツスタイル」。

インナーにTシャツを合わせたカジュアルなスタイリングを、ブラウンのジャケットで締めた「BIZスタイル」。

黒のワイドカラーニットポロシャツに、白の綿素材のスラックスを合わせた「ジャケパンスタイル」。

合わせるコーディネートアイテムを変えることで、バリエーション豊富な着まわしが可能に。オン、オフのどちらにも使える頼もしいジャケットだ。

川崎Fも!海外で街着にしてみたい「Jリーグのユニフォーム」8選

オフィシャルスーツはORIHICA全店で数量限定販売。ネクタイとポロシャツは、東京・神奈川のORIHICA一部店舗とオンラインショップで販売される。なお、スーツはパーソナルオーダーのみの受付のため、オンラインショップでの取り扱いは無い。

詳細については、川崎フロンターレ、またはORIHICAの公式ウェブサイトまで。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら