プレミアリーグの財務規定違反に問われているエヴァートン。当初は勝点10の剥奪という処分だったが、控訴した結果、6ポイントに減らされた。

ただ、『BBC』などによれば、エヴァートンは2度目の財務規定違反でさらに勝点2を剥奪されたとのこと。合計勝点8の剥奪となり、順位を16位に下げた(勝点は27で降格圏とは2ポイント差)。

プレミアリーグは3年で1.05億ポンド(201.7億円)までの損失が認められているが、エヴァートンはそれを1660万ポンド(32億円)超過していた。

リーグ側は勝点5の剥奪を課す方針だったが、緩和要因があるとして、2ポイントに減らされた。

「凄い選手がいたのに降格の悲劇を味わった10のチーム」

エヴァートンは新スタジアム建設の金利負担に関連してさらに勝点を剥奪されうるというが、その件が今季終了までに決着する可能性は低いとのこと。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら