世界屈指の監督として辣腕を振るってきたジョゼ・モウリーニョ監督。今年で61歳になった同氏は1月にローマの指揮官を解任された。

そうしたなか、かつてローマやレアル・マドリーでプレーした元イタリア代表アントニオ・カッサーノは『Rai』でこう話していたそう。

「監督としてモウリーニョは完全に終わった。もはや監督ではない。

彼は同じことを10年もやっている。レアンドロ・パレデスをプレーさせなかったし、ロレンツォ・ペッレグリーニよりもエドアルド・ボーヴェを好んだ。

ダニエレ・デロッシは自分たちは強いチームだという確信をローマに与えた。彼は素晴らしい仕事をしている。運命的な監督だ」

モウリーニョは監督として10年間進歩がないと感じているようだ。そのモウリーニョは2021年途中からローマを率い、138試合で68勝30分40敗という戦績だった。

「モウリーニョと喧嘩別れした7人のスター」

一方、彼の後任になったデロッシ新監督は15試合で10勝3分2敗。40歳のデロッシと41歳のカッサーノはイタリア代表としてともに戦った仲でもある。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名