今季限りでトーマス・トゥヘル監督が退任することが決まっているバイエルン・ミュンヘン。その後任となる指揮官が誰になるのか注目されている。

これまではロベルト・デ・ゼルビ(ブライトン)、シャビ・アロンソ(レヴァークーゼン)らが候補であると伝えられてきたが、今回『Bild』が新しい名前を伝えた。

それは2021年までレアル・マドリーを率いていた元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンであるとのこと。

ただ、ジネディーヌ・ジダンは英語やドイツ語が堪能ではないため、そのアシスタントコーチとしてあのフランク・リベリが就任する可能性があるという。

フランク・リベリはかつてバイエルン・ミュンヘンで長くプレーした経験を持ち、9回のブンデスリーガ優勝を果たしたレジェンドである。

彼はサレルニターナでテクニカルトレーナーを務めていたもののすでに辞任しており、バイエルン・ミュンヘンに復帰することを希望しているとも。

福井太智も続け!10代でバイエルン下部に引き抜かれ「大成」した5名

バイエルン・ミュンヘンのスポーツディレクターを務めているマックス・エベール氏は、すでにシャビ・アロンソやロベルト・デ・ゼルビと交渉を進めているというが…。

ただ、シャビ・アロンソ監督についてはかなり「レヴァークーゼン残留が濃厚になり、招聘するのは難しくなった」という報道もあり、新指揮官選びは難航しているようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名