先日、韓国で行われたロサンゼルス・ドジャース対サンティエゴ・パドレスのMLB開幕戦。

ついに実現した大谷翔平対ダルビッシュ有の初対戦は大きな話題になった。第一打席がショートゴロ、第二打席は大谷が5球目をライト前ヒットにしている。

『ABEMAスポーツタイム』では、元MLB選手の川﨑宗則氏とお笑いコンビ「トータルテンボス」の藤田憲右さんがこの対決で大いに盛り上がっていた。

そうしたなか、サッカー好きとして知られる元日向坂46の影山優佳さんは、盛り上がる2人に「みのさんって何ですか?」と質問。

“みのさん”は見逃し三振を意味する野球用語だそう。川﨑氏によれば、ダルビッシュは4球目に投げた外角へのスイーパーで見逃し三振をとりたかったとのこと。

大谷翔平は世界一じゃない!1年あたりの世界最高給アスリート王

番組に出演した元サッカー日本代表DF槙野智章は「一球一球に意味があると思うとすごくないですか、野球って。奥が深いですよね」とも話していた。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」