北海道コンサドーレ札幌は26日、Y.S.C.C.横浜からGK児玉潤が完全移籍で加入すると発表した。

児玉は1997年9月8日生まれの26歳。東京ヴェルディユースから桐蔭横浜大学を経て、 2020年にJFLの東京武蔵野シティへ加入。翌2021年に地域リーグの福山シティへ移籍し、2年間プレーしたのち2023年にY.S.C.C.横浜へ加入していた。

身長175cmながらGK離れした足もとの技術を持ち、Jリーグでも1年目から37試合に出場。今季もここまで全6試合にフル出場しており、J3屈指の守護神と評価されていた。

高木駿に続いて菅野孝憲が今季開幕後に負傷離脱し、GKの増員が急務だったJ1最下位の札幌にとっては重要な補強と言える。

このように、第1登録期間(ウインドー)の最終盤ということで各クラブは積極的な動きを見せている。それも、シーズン序盤の選手登録期間である第1登録期間が、明日3月27日(水)までだからだ。

過去を振り返ると、2021年が4月2日まで、2022年が4月1日まで、2023年が3月31日までともう少し長いのが通例であったが、今季は少し短め…。

今回の第1登録期間の短縮について、Jリーグはリリースの中で以下のように説明している。

「国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づき、日本サッカー協会(JFA)が定める登録期間(ウインドー)につき、2023年4月FIFA規則改正により、2つの登録ウインドーの期間を、各国である程度柔軟に設定できるようになった(第1は8週間以上12週間を超えない、第2は4週間以上8週間を超えない期間、かつ、合計で16週間(112日)を超えない期間)。

これを受け、Jリーグはクラブと検討を行い「第1を短縮し、第2を延長する」ことが運用上好ましいと判断し、上記の期間とした」

FIFAによる規則の軟化に伴い、クラブと検討を行った結果、今季は第1期間を短縮、第2期間を延長する形での運用になったという。

実際、夏の補強期間である第2登録期間は過去3シーズン、7月16日~8月13日(2021年)、7月15日~8月12日(2022年)、7月21日~8月18日(2023年)といずれも29日間だったが、今季は7月8日~8月21日の45日間と大幅に拡大されている。

Jリーグが育てた!「日本出身の北朝鮮代表選手たち」9名

第2はまだ少し先の話だが、第1はひとまず明日27日まで。シーズン序盤戦を経た各クラブの決断に注目したい。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」