U-23日本代表に招集された山田楓喜。京都サンガから東京ヴェルディにレンタル移籍した22歳のレフティは、今季のJ1でフリーキックで2ゴールを決めている。

横浜F・マリノスとの開幕戦に続き、16日のアルビレックス新潟戦でも圧巻の一発を叩き込んだ(動画1分3秒から)。

DAZNのやべっちスタジアムで現地観戦した槙野智章は、助走の短さに驚いていた。

「結構助走が短い。あそこから鋭いボールを蹴れるのはなかなかの武器ですよ。凄いよね!蹴った時のモーションとかリズムとか持ってるもん。これはオリンピック予選に向けてもいい武器だね。(ボールを)置いて自分のリズムをちゃんと作っている。珍しいじゃないですか、あの助走。あそこからよくあの球を蹴れるよね」

試合後、槙野から助走が短いことへの意識を聞かれた山田は、「あの助走のほうが自分はインパクトのあるシュートを蹴れる。毎日シュート練習をしている感覚通りにフリーキックも蹴ったら、絶対に決められる自信はありました」と説明していた。短めの助走のほうがいいシュートを打てるようだ。

フリーキックの「モーション」が最高に美しい選手6選

その山田は、これからU-23日本代表として日本を背負う気持ちに切り替えたいとしつつ、馴染みあるサンガスタジアムで代表戦をプレーできるのは楽しみとも語っていた。U-23日本代表は22日(金)にマリと京都で、25日(月)にウクライナと福岡で対戦する。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」