16日にスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー女子対アーセナル女子のダービーマッチ。

『BBC』によれば、32,970人が駆け付けた一戦はキックオフが30分遅れたそう。その理由は、アーセナルが間違った靴下を持ってきたこと。

両チームともにホームユニフォームのソックスは白だ。

アーセナルは白のソックスを持ってきてしまったため、関係者がチェルシーの公式ショップで黒のソックスを急遽購入。

黒いテーピングでチェルシーのエンブレムを隠してプレーすることになった。

ただ、プレーしていくうちに、テーピングが剥がれてエンブレムが露見するケースも散見された。

『BBC』は「恥ずかしいユニフォーム問題」とも伝えており、アーセナルは1-3で試合に敗れている。

三笘薫vs中村敬斗!ソックスを「上げる」「下げる」天才たち

アーセナルのアウェイユニはグリーンなので、その色のソックスを持ってくるはずだったのかもしれない。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら