日本サッカー協会(JFA)は15日、今月国内で開催される国際親善試合に向けたU-23日本代表メンバー26名を発表した。

大岩剛監督のもと、4月のU23アジアカップ(パリ五輪最終予選)に向けた最後のテストマッチとなる2試合。招集されたメンバーは以下の通り。

GK:

23.小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/POR)
1.藤田和輝(栃木SC)
12.野澤大志ブランドン (FC東京)

DF:

22.内野貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/GER)
17.大畑歩夢(浦和レッズ)
3.西尾隆矢(セレッソ大阪)
21.バングーナガンデ佳史扶(FC東京)
5.馬場晴也(北海道コンサドーレ札幌)
2.半田陸(ガンバ大阪)
4.関根大輝(柏レイソル)
25.鈴木海音(ジュビロ磐田)
26.高井幸大(川崎フロンターレ)

MF:

20.平河悠(FC町田ゼルビア)
19.山田楓喜(東京ヴェルディ)
10.佐藤恵允(ヴェルダー・ブレーメン/GER)
6.川﨑颯太(京都サンガF.C.)
7.山本理仁(シント=トロイデン/BEL)
8.藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン/BEL)
24.小見洋太(アルビレックス新潟)
15.田中聡(湘南ベルマーレ)
16.松木玖生(FC東京)

FW:

9.藤尾翔太(FC町田ゼルビア)
11.細谷真大(柏レイソル)
18.染野唯月(東京ヴェルディ)
14.植中朝日(横浜F・マリノス)
13.荒木遼太郎(FC東京)

これまでチームの主力を担ってきた選手を中心に招集された一方、4月のU23アジアカップはインターナショナルマッチウィーク外で開催されるため、海外組の中でも“本番”での招集が現状難しい選手はメンバーから外れる形となった。

具体的には、鈴木唯人(ブレンビー)や三戸舜介、斉藤光毅(ともにスパルタ・ロッテルダム)、福田師王(ボルシアMG)、福井太智(ポルティモネンセ)などがクラブで試合に出ているにもかかわらず今回メンバー入りしていない。

Jリーグ限定!伊東純也の「後継者」として名乗りを上げるべき快足の5名

対戦相手の両チームはいずれもパリ五輪出場が決定済み。U-23日本代表は、22日(金)にマリと京都で、25日(月)にウクライナと北九州でそれぞれ対戦する。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名