またあの男がゴールを決めた!?

JFL(日本フットボールリーグ、国内4部相当)第1節ミネベアミツミFCvsラインメール青森の開幕戦が10日に宮崎市内で行われ、試合終了間際の後半49分に青森GK廣末陸がペナルティーキックを決めて1-1のドローに持ち込んだ。これでGKながらJFL4季連続で得点を挙げた。

開幕戦で守護神がチームを救った。

後半48分に青森FW韓勇岐(ハン・ヨンギ)が相手ペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーを名乗り出たのは、守護神だった。得点を決めれば4季連続得点がかかる中で、豪快にゴール左上隅に同点弾を突き刺した。(※動画1:15:36から)

2021年シーズンからJFL青森に加入してから毎年ゴールを挙げている。2021年7月25日の高知ユナイテッド戦では後半アディショナルタイム4分に右足で見事なワンタッチボレーシュートを皮切りに、翌シーズンは2022年8月28日のFCティアモ枚方戦で後半8分にPKで決勝点を挙げた。

昨季は第15節ラインメール青森対Honda FC戦で後半38分にヘディング弾を決めた。

驚異の二刀流!JFLラインメール青森GK廣末陸が3シーズン連続弾を決める!「今年もまた決めた」

ファンたちは「GKなのになんで定期的にゴール画像が出てくるんだよ」、「年恒例、ラインメール青森GK廣末陸のゴール」、「そのへんのフィールドプレイヤーよりゴール画像を見る機会が多いのほんと面白い」と廣末の活躍に歓喜していた。

青森は17日午後1時に高知県立春野総合運動公園球技場で高知ユナイテッドSCと対戦する。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名