漫画家の鳥山明さんが急性硬膜下血腫のために今月1日に68歳で亡くなっていたことが分かった。

手がけた作品のひとつである「DRAGON BALL」は世界的に人気で、サッカー界からも死を悼む追悼メッセージが寄せられている。

久保建英が所属するレアル・ソシエダ。

ACミラン。

PSG。

セルタ。

また、ピエール・オーバメヤング(現マルセイユ)は「サッカー界はドラゴンボールの作者、鳥山明氏の死を悼む。日本の漫画家が68歳で死去。ご遺族と愛する方々に心からお悔やみを申し上げる」というフランスメディアの訃報をInstagramでリポストしている。また、「RIP(安らかに御眠りください)Akira Toriyama」というメッセージも綴っていた。

タトゥーまで彫る!「ドラゴンボール」が大好きすぎるスター6人

彼はドラゴンボールのゴールセレブレーションをしたり、ドラゴンボール仕様のスパイクを履いたり、孫悟空とベジータが合体した「ベジット」のタトゥーを彫るほどのDB好き。

また、ジョルジニオ・ワイナルドゥム(現アル・イティファク)も「3月1日に68歳で亡くなったドラゴンボールの作者、鳥山明氏に追悼の意を表する」という上記投稿をリポストしている。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら