フランクフルトからラツィオに移籍したものの、イタリアで苦しんでいる鎌田大地。

マウリツィオ・サッリ監督のもとでプレータイムが激減しており、1年での退団が確実視されている。

『Bild』などによれば、鎌田にはブンデスリーガ復帰の可能性が浮上しているという。なんでもボルシアMGが獲得に関心を示しているとのこと。

ありがとう!「日本人選手を育てた欧州クラブ」10選

同クラブには板倉滉、福田師王が所属しているほか、この夏には田中碧と契約を結ぶとも伝えられている。鎌田も加わった場合、日本人4人が同居する可能性もあるが、果たして。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名