日本人対決にもなった18日のフライブルク対フランクフルト戦は3-3の痛み分けとなった。

堂安律がゴールを決めた一戦では、40歳になった長谷部誠もフル出場。40歳と30日での出場はブンデスリーガ史上9番目の最年長出場記録になった。

ただ、失点に絡んだことで試合後には肩を落としており、ディーノ・トップメラー監督に慰められていた。長谷部は『EintrachtTV』でこう話していたそう。

「ピッチに立った時には自分の経験を示さなければいけない。残念ながら自分の役割を果たせなかった。3度もリードしたのに3失点してしまった。正直、3つとも自分のせいだ。全て防げたはずだった」

ベテランとしてチームに貢献できなかったと自責の念を感じていたようだ。

残念ながら「ピークを過ぎた」世界的スター5名

ただ、『Bild』では「この告白は最高の栄誉に値するが、明らかに誇張されている(全失点が長谷部のせいではない)」とも伝えていた。

トップメラー監督も「彼はいい仕事をしたし、試合を落ち着かせた。フライブルクはロングボールを多用したので楽ではなかったが、彼はクレバーだった。あのPKはパフォーマンスをやや損なわせるものだったが、彼は乗り越えるだろう」と讃えていたそう。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら