1月18日の誕生日で40歳になったフランクフルトの長谷部誠。ブンデスリーガに出場すれば、史上5番目の最年長選手になる。

クラブによれば、ディーノ・トップメラー監督は守備陣の現状について話していたそう。

「ヤコブ・ウネ=ラーションはまだ怪我だし、ロビン・コッホは出場停止だ。今日の様子を見て、フライブルクへの遠征メンバーを決める。

ジュニオール・ディナ・エビンベも軽い怪我があり、そのせいでボーフム戦を欠場した。彼が先発のオプションになるかは今日チェックする。

長谷部誠も常に先発の可能性はある。フルヴォイェ・スモルチッチも同様にね。どちらも頼りになる」

フランクフルトは18日に堂安律が所属するフライブルクと対戦する。

残念ながら「ピークを過ぎた」世界的スター5名

長谷部は昨年12月9日のバイエルン・ミュンヘン戦以来ブンデスでのプレーがないが、果たして。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら