カタール対ヨルダンという顔合わせになったアジアカップ決勝。

2連覇を目指す開催国カタールを率るのは、スペイン人のティンティン・マルティネス監督だ。62歳の同氏は、昨年12月末までカタールリーグのアル・ワクラフを率いていたが、代表監督に電撃抜擢された。

カタール代表が帰化させた・帰化させそこなった“反則”外国人5名

そのマルティネス監督は、『AS』のインタビューで、こんな話をしていた。

「(誰もカタールの決勝進出を予想していなかったが?)

そうだ、それをやり遂げた。日本、韓国、オーストラリア、サウジアラビアもいたからね。カタール対ヨルダンの決勝になると予想するのはかなり難しかった。だが、我々も彼らもここにいるのがふさわしい。

ヨルダンは非常に規律正しいし、組織的なチームだ。どちらにとっても簡単な試合にはならないだろう。大会前に親善試合を行ったが、1-2で負けている。両チームともにかなりの交代をしたがね。彼らは難しい相手だ」

2019年大会では日本を決勝で撃破して優勝を遂げたカタール。今大会は6連勝でファイナルに到達したが、1月6日に行ったヨルダンとの親善試合には1-2で敗れている。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら