日本サッカー協会(JFA)は8日、今月開催されるパリ五輪の女子サッカーアジア最終予選に向けたメンバー22名を発表した。

北朝鮮とのホーム&アウェイでの決戦に向けて招集された選手は以下の通り。

GK:

山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)
平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)
田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)

FP:

熊谷紗希(ローマ/ITA)
田中美南(INAC神戸レオネッサ)
清水梨紗(ウェストハム・ユナイテッド/ENG)
清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)
上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)
長谷川唯(マンチェスター・シティ/ENG)
杉田妃和(ポートランド・ソーンズ/USA)
林穂之香(ウェストハム・ユナイテッド/ENG)
南萌華(ローマ/ITA)
長野風花(リヴァプール/ENG)
千葉玲海菜(アイントラハト・フランクフルト/GER)
中嶋淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ)
植木理子(ウェストハム・ユナイテッド/ENG)
高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)
遠藤純(エンジェル・シティ/USA)
石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース)
藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
谷川萌々子(ローゼンゴード/SWE)
古賀塔子(フェイエノールト/NED)

池田太監督は現状のベストメンバーを招集。宮澤ひなたや猶本光が怪我により招集外となった一方、18歳の谷川萌々子と古賀塔子がメンバー入りを果たした。

なお、北朝鮮ホームでの第1戦に関しては平壌で開催されることが昨年末に発表されていたが、JFAによるとAFCは現在、中立地での開催を北朝鮮側に要望しているとのこと。よって現時点で開催地は未定だという。

日本代表、アジアカップで評価を上げた5名の選手

なでしこジャパンは今夏のパリ五輪出場をかけて、24日(土)に第1戦、28日(水)に国立競技場での第2戦に臨む。

【厳選Qoly】川村拓夢も!サンフレッチェ広島ユースが輩出した「地元出身」の最高傑作6名