2011年大会以来のアジアカップ優勝を目指した日本代表。イランとの準々決勝に1-2で逆転負けし、ベスト4にも到達できずに終わりを迎えた。

DAZNの『やべっちスタジアム』では、矢部浩之さんと元日本代表DF中田浩二がこう話していた。

矢部「勝つことを信じてたので、まだモヤモヤは残りますけど、前半はよかったから、あと何点とれるかなぁくらいの気持ちでいたんですけど、後半のイランは迫力があったなと思います」

中田「やっぱりアジアの戦い方は難しいとあらためて感じらせる大会でしたね。5試合を戦って楽な試合がひとつもなかったっていうのは、少し驚きでした。もちろん、日本が研究されてるのはあるんですけど、アジア全体のレベル、特に下のほうも上がってきているという印象を受けましたね」

矢部「イランもイラクもそうですけど、体が強くて、球際に強い相手にちょっと苦戦したかなという印象…」

中田「そうですね、シンプルに蹴ってくるところに対して、フィジカルでっていうところには苦戦しましたね。あと気になったのは全試合で失点したこと。ベトナムとの初戦でも(相手のフリーキックから)ファーサイドで競り負けて失点。イラク戦も球際の強度で負けていた印象がありますね。あとコミュニケーションの部分。(鈴木彩艶と上田綺世が)味方同士でぶつかるなど、大会を通して日本代表らしくない勿体ない失点が多かった」

今大会の日本は5試合全てで失点。特にフィジカルとロングボールでシンプルにぶつかってくる相手に苦戦を強いられ、ドイツやスペインなどの欧州勢とは違うアジアならではのプレーに苦しんだ。

痛恨敗退なのに…日本代表、アジアカップで評価を上げた5名

なお、中田氏は鹿島アントラーズの強化部長に就任したため、今月いっぱいで番組を卒業するとのこと。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名