インドネシアを撃破し、グループ2位でアジアカップ2023のラウンド16に進出した日本代表。中6日としばらくのインターバルが空いたあと、31日にバーレーンとの試合を迎えることになった。

キックオフから日本はなかなかバーレーンに対してペースを掴むことができず、いくつかのチャンスを作りながらも圧倒する状況にまでは持ち込めない時間が続く。

しかしながら31分に毎熊晟矢が鋭いミドルシュートを放ち、それが左ポストに当たったところを堂安律が押し込み、日本が先制点を奪取することに成功した。

水沼「サイドバックがあそこまで入ってきて、そこからミドルシュートを打てるというのはやっぱり素晴らしいです。

そのあともセカンドボールを3人くらい反応していましたけど、みんながちょっと『オフサイドかな?』となって止めて、堂安はセーフでしたね。

久保建英が外で幅を取っていて、サイドバックや堂安もポジションが変わってましたけど、毎熊が中に入ってきてそこからのミドル。見事でしたね」

【関連記事】日本代表、バーレーンに勝つために何が必要か…森保監督は「分析」「傾向と対策」

厳しい展開の中で日本代表に先制点をもたらした堂安律と毎熊晟矢。

ゴールを奪えない時間が続く中、サイドバックのミドルシュートという飛び道具、そして抜け目ない堂安律のポジショニングに感銘を受けていたようだ。

【厳選Qoly】ジュビロ磐田ユースが輩出した「世界規格」の最高傑作5名