川崎市は23日、川崎フロンターレのホームスタジアムとして知られる等々力陸上競技場に関して、ネーミングライツ事業を導入し、富士通株式会社(川崎市中原区)がネーミングライツパートナーとなったことを発表した。

注目の愛称は「Uvance(ユーバンス)とどろきスタジアム by Fujitsu」。

期間は2024年2月1日から2029年3月31日までの約5年間で、ネーミングライツ料は年間2,000万円。ただし、等々力緑地再編整備事業により契約期間内にスタジアムの解体等を開始される場合は、工事開始日の前日までとなる。

等々力緑地では、2023年3月に川崎市と川崎とどろきパーク株式会社(KTP)が「等々力緑地再編整備・運営等事業」の事業契約を締結。ネーミングライツはこの事業の業務の一つに位置づけられており、市が認めた場合に対象施設の契約ができる形となっていた。

今回、1月にKTPから陸上競技場について、富士通をスポンサーとしたネーミングライツの導入提案があり、市が提案を審査した結果、契約に至ったという。ちなみに富士通は現在、本社機能を東京から川崎へ移している最中で、等々力からほど近い川崎工場は移転先の一つだ。

【インタビュー】川崎フロンターレに“染まり切らない”MF瀬古樹、「想定外の1年目」から始まった逆襲劇

「Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu」。やや長い名前だけにJリーグでの略称がどのようになるかも注目される。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪出場を左右する「キープレーヤー」5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら