元日本代表DFの田中マルクス闘莉王が運営しているYoutubeチャンネル「闘莉王TV」は、17日に最新の動画を更新した。

今回は14日に行われたアジアカップのグループステージ第1節ベトナム戦を振り返る動画の第2弾。4-2と逆転勝利を収めた日本代表チームについて、闘莉王が格付け評価を行っていた。

そして名古屋グランパスの後輩でもある菅原由勢に対しては以下のように話していた。

「(菅原由勢は)これまで見た中で一番悪かったかもしれないね。やっぱり勢いが出すぎているというのが…調子に乗りすぎたのかなと思います。

若い選手の良くないところだよ。自分がレギュラーで出場して、少しいいプレーをしたとなると、次の日に調子に乗って練習に参加してくる。そんな若手みたいだ。

『当たり前のことを当たり前にやれ』と。まずはそこからなんだよ。今回は調子に乗りすぎていた。色々考える上で、もう一回初心の気持ちに戻れということ。

4点です。ふざけんじゃないぞと。まだまだ始まったばかりだよ、お前の道は。ナメてるんだよ、相手を。若手の悪いところなんだよ。

子供で言えば歩き始めたばかり。まだまだ走れないのに、走ろうとしてんじゃないよと。そういうことですよ。相手をナメるなと。

まあ、俺は嫌いじゃないけどね、そういうところも。俺もそうだったからしょうがない。そういう時期だから、いい勉強になるといいですね。次もこういう調子の乗り方で変なプレーしたら、もっと言うからな」

森下龍矢が海外へ!「名古屋グランパスから欧州へ渡った10選手」

この試合では特に守備面で不安定なところを見せ、退場になりかねないような後方からのタックルもあった。闘莉王は彼について「相手をナメていた」と感じていたようだ。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名